講師紹介

モードプラス代表 ピアノ・リトミック講師
和田 蕗子(わだ ふきこ)

 

武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。
ピアノを野口公子、L・エンチェバ、G・ヴァシャヘーリの各氏に師事。
東京都公立中学音楽科教諭を経て、オーストリアウィーンサマーゼミナールにて、S・シュパイデルのマスターコースを修了。
その後、各地でソロ演奏、伴奏活動を行う。
ダルクローズリトミックを宮良愛子、馬淵明彦の各氏に師事。
教育機関、児童施設などで「音楽を身体で感じ表現する」リトミック講座を開講する。
NPOボディパーカッション協会指導者ライセンスを取得し、高齢者施設などでも音楽活動を広げている。
2015年 鹿児島国民文化祭にて、ボディパーカッション・アトラクションを担当する。
2016年 コーラス・フェスタ in ヨーロッパにて、ハンガリーブタペスト、ウィーンシュテファン大聖堂の鈴木憲夫合唱作品のピアノを務める。
一般社団法人全日本ピアノ指導者協会会員。
日本ジャック=ダルクローズ協会会員。
株式会社モードプラス代表取締役。

清澄白河教室室長 ピアノ・ソルフェージュ講師
永本 志帆(ながもと しほ)

都立芸術高校音楽科(現:都立総合芸術高校)、東京学藝大学教育学部スポーツ文化課程音楽科ピアノ専攻に在学中、

上海師範大学交換留学生として終了後、卒業。
中学校・高等学校教諭1種免許状(音楽)取得。
ピアノを高澤ひろみ、矢野裕子の各氏に師事。
PTNAピアノコンペティションE級、Yカテゴリー全国決勝大会連続入賞。
日本クラシック音楽コンクール全国決勝大会連続入賞。
株式会社モードプラス取締役。

 

 

ピアノ・リトミック・ソルフェージュ講師
荒井 友里(あらい ゆり)

都立芸術高校(現:都立総合芸術高校)、国立音楽大学音楽学部鍵盤楽器専修ピアノ専攻卒業。
ピアノを西川美知子、安井耕一、加藤雅己の各氏に師事。
合唱団の伴奏ピアニストを務め、オーストリアウィーン国立歌劇場にて演奏。
また、「うたのおねえさん」の専属ピアニストとして、児童保育施設にてステージを開催。
子ども向けコンサートの企画にも携わる。

 

ピアノ・リトミック・ボディ&ミュージック講師
久保田 久仁子(くぼた くにこ)

 

洗足学園音楽大学ピアノ科卒業。
ピアノを大澤佳世、リトミック即興演奏を馬淵明彦の各氏に師事。
洗足学園付属音楽教室宮崎台でピアノ・ソルフェージュ・リトミックを指導。
ヤマハ特約店でグレード5級対応講師、PSTA講師として子どもから大人を指導。
中学校・高等学校教諭2種免許状(音楽)取得。
一般社団法人全日本ピアノ指導者協会会員。

声楽・ボイストレーニング・リトミック講師
西山 琴恵(にしやま ことえ)

91年立教大学文学部心理学科卒業。
声楽を眞理ヨシコ氏、篠崎義昭氏、久城理恵子氏の各氏に師事。
「全国童謡歌唱コンクール」関東甲信越地区グランプリ受賞。
唱歌、童謡、叙情歌、子守唄を中心として、コンサート、録音、朗読、司会など、活動を展開している。
日本童謡協会主催「童謡祭」、世代をつなぐファミリーコンサート、東京フィルハーモニー交響楽団との共演で親子音楽館、文化庁公演、せたがや文化財団「コトコトさんのドレミ図書館」など、歌と語りで様々なコンサートに出演。
34回日本童謡賞特別賞受賞。
山梨放送AMラジオ「西山琴恵の歌の花束」放送中。
作品に童謡ソロアルバム「Pallet」、歌と朗読「テレジン/もう蝶々はいない」がある。

ピアノ・リトミック講師
石井 絢(いしい あや)

昭和音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。
4歳よりをピアノ習い始め、ピティナ、グレンツェン、JPTA、ABC新人オーディションなど各種コンクールに参加し、入賞する。
大学で主にピアノ、室内楽、リトミック、声楽、電子オルガンを学び研鑽を積む。
現在、3歳から50代までの幅広い年齢層に向けて、ピアノ・リトミックを行う。
中学校・高等学校教諭1種免許状取得。
ヤマハ指導者グレード5級(指導・演奏)認定。

ピアノ・フルート講師
葛巻 理沙(くずまき りさ

2歳からピアノを始め、ヤマハ演奏研究コースにて、浅井潤子、江口文子、後藤康孝、牧野縝、福山孝の各氏に師事。
ピアノ部門大阪国際音楽コンクールエスポアール賞、尾東音楽コンクール銀賞を受賞。
15歳のとき、専攻をフルートに変え、竹内梓、斎藤和志の各氏に師事。
国立音楽大学フルート科を卒業。
万里の長城国際音楽コンクール第三位など、フルート部門でも多くの入賞歴を持つ。
現在、フルートとピアノの演奏活動と指導に携わる。

ピアノ・ソルフェージュ講師
山之内 美穂(やまのうち みほ)

武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。
ピアノを迫田時雄、伊原孝子の各氏に師事。
中学校・高等学校教諭1種免許状(音楽)取得。
大学在学中より、自宅にて後進の指導にあたる。
「時の会」、「姫路武蔵野会」のコンサートに出演、伴奏活動も行う。

関西在住時、生涯教育としての音楽にあらためて気づき多岐にわたり活動。
リコーダーで「キリフリ谷の芸術祭」参加、合唱、ゴスペルで演奏活動。
シニアに愛唱歌を指導する。

一般社団法人全日本ピアノ指導者協会会員。
カワイ音楽教育研究会会員。
ピアノ研究会「ソノリテ」所属

ピアノ・ソルフェージュ講師(英語・フランス語でのレッスンも可能)
永井 英華子(ながい えかこ)

桐朋学園高等学校音楽科を卒業後渡仏。
パリ地方音楽院、パリスコラカントルム音楽院を首席卒業。
ピアノを二宮裕子、ミシェルベロフ、オリヴィエギャルドン、室内楽をイヴアンリの各氏に師事。
2008年 ベーテンピアノコンクール 第1位(日本)
2009年 アジア国際ピアノコンクール 第2位
2016年 Citta di San Dona di Piave 国際ピアノコンクール連弾部門 第1位(イタリア)
イスキア国際ピアノコンクール 第2位(イタリア)
ローマ国際ピアノコンクール 第3位(イタリア)
ブルサ国際ピアノコンクール 第3位位(トルコ)
現在、後進へのピアノ指導と各方面で演奏活動に携わる。

ピアノ・声楽・ボイストレーニング・ソルフェージュ講師
古荘 達郎(ふるしょう たつろう)

ピアノ教師の母親より3歳から音楽の手ほどきを受ける。
東京音楽大学音楽学部音楽学科声楽専攻卒業。
同大学院修士課程声楽専攻独唱研究領域修了。
卒業演奏会出演、大学院在学中は日本歌曲を多く研究する。
賞歴は第3回ACJ日本声楽コンクール入選、第5回さくら音楽コンクール第4位、日本歌曲賞など。
声楽を秋山衛、坂本紀男、藤牧正充、水野賢司、志摩大喜、ピアノを揚原祥子の各氏に師事。
在学中よりカワイ音楽教育研究会所属のピアノ・ソルフェージュ教室にて個人レッスンを多数担当し、各地の中学・高校で音楽科非常勤講師を務める。
現在、文教大学付属高校、二松学舎柏高校で教鞭を執る。

モードプラス相談役 作曲・指揮・音楽総合プロデューサー
鈴木 憲夫(すずき のりお

1953年宮城県生まれ。
東京音楽大学作曲科研究科にて、伊福部昭氏のもとで作曲、管弦楽法、音楽美学を学び研鑽を積む。
指揮を山田一雄氏に師事。
合唱曲、器楽、管弦楽と幅広い多数の作品を発表し、これまで100点以上を刊行する。
客演指揮、NHK合唱コンクール審査員、合唱講座講師など数多く務め、2011年NHK全国学校音楽コンクール小学生課題曲を作曲。
全国各地の国民体育祭や国民文化祭では作曲のみならず、音楽総合プロデューサーとして携わる。
海外では、チェコプラハ親善音楽祭、オーストリアウィーン「コーラス・ジャパン・デイ」にて音楽監督、
ニューヨーク同時多発テロ追悼にてコンサートを企画、演奏する。
2015年 「音楽の力で世界をひとつに」と全国から集まった80名の女声合唱団を率いてバチカンローマ法王に謁見し、ラテン語の合唱作品を献呈。
バチカンの要請により聖サンピエトロ大寺院にてミサ、システィナ礼拝堂などで特別演奏をする。
2016年 コーラス・フェスタ in ヨーロッパを企画し、ハンガリーブタペスト、ウィーンシュテファン大聖堂にて自作合唱作品を演奏。
音楽ほほえみ基金を提唱設立し、全国の介護施設などにCDを寄贈する活動を行う。

鈴木憲夫ホームページ

Copyright © 2018 ModePlus,Inc. All Rights Reserved.